成功する看護師の転職のしかた!

医療の発展が著しく、看護師のなかでも特定の分野で高い技術力 のある認定看護師の資格を取る人達もでてきています。 看護婦のますますの活躍が注目を集めています。

クライアントの意向に沿う翻訳
お気に入りリンク

認定看護師になる

医療の発展が著しく、技術も高度になってきています。

近年では看護師のなかでも、特定の分野で高い技術力のある看護師として働く認定看護師の活躍が注目を集めています。

認定看護師とは、既に看護師や助産婦などで実務経験が通算5年以上勤務しており、かつそのうち3年以上は認定看護分野の経験があることが第一条件となります。

また、実務経験だけではなく、600時間以上の認定看護師教育課程を受講したうえで、認定看護師認定審査を受け合格しなければ認定看護師になることはできません。

この資格は一度合格すれば終了ではなく、合格後も5年ごとにレベル保持をしているかの更新審査を受けなくてはいけません。

認定看護師として働くには、現場も厳しくまた、自身の知識も常に取り入れていかなくてはいけないため厳しい資格と言えます。

ですが、それだけ厳しいからこそ、価値のある資格だとも言えるのではないでしょうか。